海外で就職することのメリットとデメリット

海外で就職をする日本人が増えているのですが、海外に本格的に就職するというのは特に転勤などで日本に戻ったりする事がないため、生涯海外で仕事を続けたい、という人は此方を目指してみるといいでしょうね。
海外の就職についてを解説しましょう。

海外で就職するメリットについて

まず、海外で就職する一番のメリットは日本の価値観とまるで違うことです。
日本で昇進するためには、上司に気に入られたりコネなどを作る事が必要になってくるケースがとても多いですが、海外では完全な実力評価なので、自分の能力1つで勝負する事が出来る事ですね。
更に、やはり就職先にもよるのですが多くの場合日本での雇用よりも圧倒的に給料が高い、ということもあります。
そのため、海外企業に就職する事で能力さえあれば日本にいるよりもスピード出世をすることも出来るんです。

海外で就職するデメリット

しかし、海外で就職するのは決してメリットだけではないんですね。
例えば、海外は完全実力主義になっていますので、例えば海外の企業で業績をあげることが出来なければ、何年就労していても昇進できないなんてこともあるんですね。
日本ではある程度年功序列があるので、大した業績をあげられなくても長く勤めていればそれなりに給料があがることもあるのですが、海外ではそういったことを望めないため努力が必要になってきます。

海外での就職の手違い

日本は、基本的に終身雇用制度になっていますが海外就職の場合終身雇用採用になるケースはかなり少ないです。
さらに、退職金なども出ないためその分上乗せして高い給料を払ってもらうことが出来る、というようなケースが多いんですね。
そのため、海外では業績を上げ続けなければいけないなどの面もあります。

関連する記事