海外で起業するメリット

海外で一旗あげようと、海外で就職をする日本人もかなり増えて来ているのですが、難易度は決して低くないです。
そのため、海外でどうしても働きたい、という場合にかなり一か八かになる手段として、海外で自分で起業してしまうという方法もあります。

海外で起業する選択肢

海外は、日本よりも実力主義なところが大きく本人にスキルがあり業績を残す事ができれば年齢に関係なく評価してもらえます。
しかし、海外に就職するハードルはかなり高いんですね。
なので、いっそのこと海外で起業をしてしまうというのも1つの手段があります。
ただし、此方の場合は成功するには当然現地での生活能力やコミュニケーション能力が必要な上に後ろ盾がないため、全ての海外での手続きなども自分でしなくてはいけないため、1から全て自分で出来る能力が必要になってくるのです。

海外で起業することのメリット

一番のメリットは、起業しようと思えばそれこそ資金があれば誰でも挑戦することが出来る、という事があります。
そして、何より日本独自の文化を取り入れた日本人ならではの視点での独自の経営をすることが出来るため、その国にはなかった独自の売りを作り出す事が出来るんです。
そのため、成功すれば市場独占出来る事もあるため一人勝ちするチャンスというものを掴む事が出来ます。

海外起業の難しさ

しかし、その国の文化と日本の文化、独自のスキルやオンリーワンの経営能力、現地での生活力やコネクション作成など様々なことを出来なければいけません。
しかも、ビザなども永住権などが無いと厳しい事もありますので、条件としてはかなり難しいですね。
しかし、そのかわり一山あてれば日本にいては得られない成功をつかめるチャンスがあります。

関連する記事