海外就職が向いている人

日本の風土が合わない、という人は特にグローバル社会においては顕著になってきていますね。
個よりも集団を重視する日本の古くからある価値観は、特に今の時代には合わずそれに適用出来ない人が、日本を出て海外就職をする人も増えています。

海外就職が向いている人

海外に出て就職する人、というのはやはり日本の価値観が合わない人が多いですね。
ただ、価値観が合わないだけではなく明確なヴィジョンと仕事に対する目的意識、高いスキルなどを持っているという人が海外就職に向いているんですね。
日本では、所謂組織への帰属意識が最も評価されるため愛社精神だとか会社への忠誠心、集団との調和などと言った人への思いやりと言えば言い方は良いですが、言い換えれば個の力を軽視する傾向にあります。
そのためやりたくない仕事や仕事外での非効率的なコミュニケーションなどを強いられる事もあるんですね。
そういうものに迎合したくない人は海外就職に向いています。

海外就職では甘えは許されない

ただ、海外就職は個人の能力を評価するため逆に言えばスキルのない人間は海外で就職をしてもいつまでも昇進出来ないし、あっさり解雇されるなんてこともあります。
日本の集団帰属意識はなあなあぬるま湯に居てもそうそう解雇されたりしませんが、海外では能力のない人間はどんどん淘汰されていく厳しい環境でもある裏返しなのです。

海外では意識の高さが必要

海外での仕事は、昇進への意識や仕事や自分に対するスキルアップなど向上心の高い人間でないとその風土に合う事はないでしょう。
そのため、自分に厳しく常に仕事に対して向上心を持ってやりたいヴィジョンを明確に持ち続けその目標に向かい続けるという事が必要です。

関連する記事